おはようございます。

本日ご紹介させて頂く書籍は、就職してから早一年。なぜ働くのか?このままで良いのかと、悩んでいる時に手にした書籍だと思います。
2012年3月の読書ノートより

運命を引き受け、人を愛しなさい。
それが、自分を大切なすることです。

働く君に贈る25の言葉 より引用

 

この書籍は5章構成となっております

  1. 自分を磨くために働く
  2. 成長角度を最大化する
  3. 仕事の要を知る
  4. どこまでも真摯であれ
  5. とことん自分を大切にしなさい

 

人生どのようなステージでも人の悩みは消えないものである。悩んだら、先人から学ぶのが一番の解決方法である。
働くことについて、悩んだらこの書籍を読んで頂きたい。

 

  • ビジネスとは予測のゲーム
  • 会社とは雑用の固まり。仕事の8割は雑務だ。→新人がやる仕事は100%雑務です
  • まずは「食べるため」に懸命に働いてみる
  • 本物の志を持つためには
  • 人は不合理で、わからず屋で、わがたまな存在
  • ワーク・ライフ・マネジメント
  • うまくいかないのは、「能力」ではなくて「仕事のやり方」の問題→うまくいかなくても落ち込まない
  • 礼儀正しさは最大の攻撃力
  • 考える「戦略的計画立案」
  • あえて、制約を求めなさい
  • 「最小投資」で「最大効果」を求める
  • 2-6-2弱い立場の人を助けなさい
  • 「働」という文字の由来→人のために動く

 

気付き、私は実行したこと

  • 凡を極めて、非凡に至る。→できる人の真似をする、仕事のやり方を学ぶ
  • 礼儀、時間厳守、早寝早起、もう一度基礎基本の徹底

 

よい習慣は、才能を超える

 

運命を引き受けて、その中でがんばろうね。がんばっても結果がでないかもしれない。だけど、がんばらなければ何も生まれないじゃないの

働く君に贈る25の言葉 より引用

この言葉のおかげで、前職の仕事を一生懸命できた。やるかやらないか。今もよい習慣は身についており、一生モノのスキルである。

この書籍の中で紹介されている下記の書籍もぜひ、読んでみて下さい。人間関係の悩みから抜け出せます。

「それでもなお、人を愛しなさい 人生の意味を見つけるための逆説の10か条」ケント・M・キース著 早川書房

また、紙の書籍で読む時間がなかなか取れない方や、苦手な方はオーディオブックで聞くのもおススメです。
私は車移動の時は必ず、オーディオブックで耳から読書を楽しんでます。
ぜひ、皆さんも試してみて下さいね。